正当なスピリチャルビジネスとは(1)

最近、スピリチュアルバッシングみたな記事をよく見る。私自身が、スピリチュアルなことを書きながら、結構アンチスピ的な傾向もあり賛同することも多いのだが、批判の内容がおかしいと思うこともまた多い。そこで、正当なスピリチュアルビジネスという視点で、少しまとめてみたいと思う。

以前も結論的なことは書いていたのだが、その時は簡単にまとめすぎていたので、結果だけでプロセスを含めて、少し分析的に書いてみたいと思う。

 

(1)お金に関する話→高価な金額を取るとおかしいか?
最初に、宗教やスピではお金をとってはいけないという議論について話をしたいのだが、人間生活していくにはお金は必要である。寄付で食べていけたら良いが、日本には寄付という文化も根付いておらず、幻想だと思う。

また別の仕事をして、宗教やスピリチュアルではお金を取っていないということを言われるかたもいるが、逆にいえば、それは宗教やスピリチュアルは価値のないもの、という表現をしていることになる。そういう人には宗教やスピリチュアルというのは、正当な収入を得れないほど非社会的な仕事なのかと問いたい。本当にその価値を認めているのであれば、他の仕事をする傍らアルバイト的にしたり、正当な報酬の受け取りを拒否したりしないはずである。そういう人たちの行為は、宗教とかスピリチュアルというものを堕としていると言えるかもしれない。

あと、宗教は伝統的な宗教としてやればいいと思っている人もいる。伝統は確かに大切だが、時代は変化し知識やノウハウは進むのである。昔が伝統だけが素晴らしいと思うのであれば、東京から大阪に新幹線を使わずに歩いてみればいい。昔の人や伝統では、東京から大阪へは歩いて移動しているのだから。

古い地球においては「お金=悪」という集合無意識の縛りが強いため、効果な金額=悪と思うことも多い。また、詐欺的なスピ(某有名占い師が反社会勢力なのは有名な話である)においては、お金を儲けるのが目的なので高すぎるというのはひとつの判断基準になるかもしれない。しかし、安いからといって詐欺でないという保証もなく、また、安いということも別方向のお金への執着であるため、お金の話でスピリチュアルを批判するのは表層的側面もある。妥当な金額設定があった方が良いかもしれない。

私的には一般のビジネスレベルを物差しにしている。弁護士や医師の相談料が1時間1万から2万円ぐらいなので、市場の特殊性を考慮しても、1時間1万円〜3万円ぐらいまでは妥当な範囲だと思っている。セッションとかコンサルの適正価格はこれくらいだと思っている。

また、教える系のビジネスは他業種のパソコン教室とかリフレの教室など、資格を発行する教室系で1人あたりのライフコストが10万円〜50万円ぐらいなので、その程度かと思う。また、資格を発行しないものは、カルチャースクールと同じで、月額3,000円〜10,000円ぐらいかなと思う。

 

(2)結果に関する話→結果が出ないとおかしか?
占い系やセッション、コンサルでもある話だが、結果が出なかったり、予想が外れたりすると詐欺だと思う人がいる。しかし、世の中のすべての仕事が100%結果を出せているかというとそうでもない。野球の打者も3割打てれば一流だし、年収何千万の経済評論家の経済予測もほとんど外れているし、コンサルに頼んで失敗する企業も多いし、誰でも絶対結果をだせるのであれば、世の中不況もなければ倒産もなく、病気で死ぬ人もいなければ、交通事故もないはずである。第一、数千円から数万円程度の投資で、100%の結果を求める方が強欲だとも思う。

なぜ、スピや占いなどだけ、100%を求められるのか?それは2つあって、詐欺的なスピというものが多くて目につき批判の対象になりやすいこと、もうひとつは、霊的な存在や神様とかは100%間違わないという過度な期待をしていること、が理由ではないかと思っている。

あとは確率論の話で、結果が100%出ない人とか10%以下とかだと詐欺に近いが、5割から6割程度クリアしていれば妥当だと思う。8割とか言わない理由もふたつあって、多くの人はアドバイスをしても実行しないことがひとつである。肝臓病の患者に、酒をやめるようにアドバイスしても酒をやめなければ病気は治らない、それと同じである。

もうひとつは案件の難しさである。だいたい宗教やスピに助けを求める人は他の手段ではどうしようもなくなっている人が多い。西洋医学ではどうしようもなくなって宗教やスピ、ヒーリングなどに助けを求める。西洋医学で治る病気なら、普通は病院で治す。ビジネスでも同じで、普通のビジネスコンサルでうまくいかないから宗教やスピに頼る人も多いのではないかと思う(スピ好きの経営者も多いが)。

だから、普通には治らない、良くならないことを相談されるので、普通に考えたら8割も9割も結果を出せるはずがない。以前、犯罪や裁判のことで相談を受けたことがあるが、弁護士が対応できないことをスピだからといって簡単に解決できるはずがない。

ということで、全く結果を出せないのは問題があるが、人間相手のビジネスで100%結果を出せるはずもないので、5割から6割程度結果を出せていたら正当なスピだと思っていいと思う。逆に100%結果を出せていると宣伝しているスピの方はかえって胡散臭い。なぜなら、成功した事例だけを喧伝しているからだ。

つづく

LCラブコスメティック

金子 浩一合同会社オフィス気楽 代表

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

  1. 2016/4/25

    公開のお知らせ
過去の記事
ミーマ
マカニ
ジャムウ

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. この回は、言葉の呪(しゅ)についての話です。 <テーマ> 言葉の呪(しゅ)について …
  2. しずくさんという方のぎっくり腰を遠隔で対応した経緯を書いておきます。 他の方の参考になるかと思いま…
  3. チャネリングで見えない世界にアンケートを取ってみました。 チャネリングで見えない世界にアンケー…
  4. この回は、霊的マインドコントロールについての話です。 <テーマ> ・宗教やスピリチュアル…
  5. 2017年1月22日 23:22 しずく こんばんは 昨日のクリアリングでも女性の子宮に …
ページ上部へ戻る