日本では代表的な宗教として仏教を考えてみましょう。仏教には大きく小乗と大乗、日本の宗派でいうと密教(真言、天台)、浄土宗、禅宗、日蓮集など数多くの宗派が存在します。

しかし、その多くがブッタが説法した内容と異なっています。彼の説法した内容は阿含経として現在に伝わっていますが、彼は霊を語ったこともありませんし、不思議なことを語ったこともありません。どちらかというと哲学的な存在論を語っています。心理学的な説明でいうと論理療法に近いかも知れません。

彼は人が「苦しみ」から抜け出すのにどうしたらいいかを色々と考えました。そして物には4つの存在形態があることに気付き、「苦しみ」を消す「解脱」という方法と、「解脱」した境地である「涅槃」を説いたのです。

4つの存在形態というのは、「それ自体が存在する」、「何かに依存して存在する」、「依存しているものを消去すると消去する」、「それ自体を消去する」の4つのパターンです。これを「四諦」といいます。苦しみというのはそれ自体が存在するものではなく、何かに依存して存在しています。その依存するものとは「私のものと思う執着」です。(この依存関係のことを「縁起」といいます。)

この「私のものと思う執着」を無くせば「苦しみ」が無くなり、「解脱」して「涅槃の境地」に至ります。これをまとめると「諸行無常(すべてのものは変化する)」、「諸法無我(変化するものを「私のもの」とすることが苦しみの原因である)」、「寂静涅槃(そう理解すると涅槃にいたる)」という表現になります。

これをベースに中道を生きる「八正道」という実際の生活指針も彼は教えていますが、阿含経(増谷文雄氏の解説ベース)の内容からすると彼は、人間というものを「私のものという思い込み無くした状態」に意識定義したといえると思います。彼の思想は般若心経の前半に残っているのですが(後半は呪いの効果の宣伝です)、あまり仏教の諸派に引き継がれている訳ではありません。しいて言えば禅宗にその教えが残っているという感じかと思います。

LCラブコスメティック

金子 浩一合同会社オフィス気楽 代表

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

  1. 2016/4/25

    公開のお知らせ
過去の記事
ビーナスベッド
マカニ
リビドーロゼ

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. この回は、言葉の呪(しゅ)についての話です。 <テーマ> 言葉の呪(しゅ)について …
  2. しずくさんという方のぎっくり腰を遠隔で対応した経緯を書いておきます。 他の方の参考になるかと思いま…
  3. チャネリングで見えない世界にアンケートを取ってみました。 チャネリングで見えない世界にアンケー…
  4. この回は、霊的マインドコントロールについての話です。 <テーマ> ・宗教やスピリチュアル…
  5. 2017年1月22日 23:22 しずく こんばんは 昨日のクリアリングでも女性の子宮に …
ページ上部へ戻る