あなたはもっと霊を知る必要がある

霊というと、死霊や幽霊などがあたまに浮かぶ方もすくなくないでしょう。
日本では、霊=幽霊のように思われがちですが、西洋での解釈はちがいます。

西洋では霊=魂(スピリット)と解釈されています。

たとえば、健康について、日本では体のことを中心に考えていて、最近でこそやっと心の健康について注目しだしました。
しかし、西洋では、体はもちろんのこと、心の健康の他に、魂(スピリット)の健康についてまで考えていました。

以前WHOの憲章の中に、体の健康、心の健康の他に、魂の健康を入れるかどうかを検討されていた時期がありました。
(最終的に採択はされませんでした)

最近やっとスピリチュアルという言葉が認知されてきたように思うのですが、私たちは、もっと目に見えないものを認める必要があるように思います。

霊とは何か?

霊というと、一般的にご先祖様や幽霊を思い浮かべる方が多いようです。
しかし霊は、ご先祖様や幽霊だけではありません。

生霊(いきりょう)といって、生きている人の想いが霊になったものもあります。
その他に、龍神や天狗なども霊ですし、神様や仏様も霊です。

霊=魂(スピリット)であり、想いや意志のあるエネルギー体であるとの解釈でいいでしょう。
そして霊には、肉体がありません。

人が生きている状態とは?

生きているということは、肉体があることが前提です。
肉体に魂が宿っている(一緒になっている)状態が生きているということです。

たとえば、交通事故で大怪我をしたり、病気になって肉体が正常に機能しないようになったら、魂が肉体に留まっていられなくなります。
これが一定の時間続くと死という状態になります。

死ぬということは、体が傷んで、魂が肉体に宿ることができなくなったということです。

魂は死なない

こう考えるとわかりやすいかもしれません。
肉体は、魂の乗り物であって、寿命がくると肉体は抜け殻となります。

そして魂はどうなっていくかというと、また新しい肉体に宿ることができます。
これを生まれかわりだと考えます。

だから肉体のある人は死んでも、魂は延々と生き続けています。

あなたはもっと霊を知る必要がある

霊といっても、死霊(死んだ人の霊)、生霊(生きている人の想い)、自然霊(龍神、天狗、きつねなど)、仏様、神様などがあります。

そしてなんといっても、あなた自身が霊=魂(スピリット)です。
肉体に魂が宿っていて、あなた自身が生きています。

私たちが生きている物理空間では、霊はみえません。しかし、これは電波と同じようなものです。
私たちは、当たり前にスマホを使って生活していますが、電波については未だに解明されておらずよくわかっていません。

目に見えないものに気づき、認め、活用することが幸せに生きていくことにつながるように思います。

あなたはもっと霊を知る必要があります。

LCラブコスメティック

柳生忠司気功家・プロヒーラー

投稿者プロフィール

気やエネルギーなどの見えない力を使い、独自のアプローチで問題解決を図るスペシャリスト。除霊やエネルギーチャージ、潜在意識の書替えなどを行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

  1. 2016/4/25

    公開のお知らせ
過去の記事
ビーナスベッド
マカニ
ジャムウ

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. この回は、言葉の呪(しゅ)についての話です。 <テーマ> 言葉の呪(しゅ)について …
  2. しずくさんという方のぎっくり腰を遠隔で対応した経緯を書いておきます。 他の方の参考になるかと思いま…
  3. チャネリングで見えない世界にアンケートを取ってみました。 チャネリングで見えない世界にアンケー…
  4. この回は、霊的マインドコントロールについての話です。 <テーマ> ・宗教やスピリチュアル…
  5. 2017年1月22日 23:22 しずく こんばんは 昨日のクリアリングでも女性の子宮に …
ページ上部へ戻る